Padawan's Blog

‪(¬ω¬)‬b

サウンドハウス が beyerdynamic社の日本正規代理店に!

こんにちは、Padawan's Blog の Padawan です。

先日サウンドハウスから送られてきたメルマガにきになることが記載されていました。

f:id:Kanoe:20181113143317p:plain

個人的に気になっていたメーカーだけに嬉しい知らせでした。


beyerdynamic と聞いて真っ先に浮かぶ人といえば...

NINJA さん!!!!



現在もっと有名なゲームストリーマーと言っても過言ではない Ninja さんの使用しているヘッドホンが、この beyerdynamic 社の DT990PRO です。 beyerdynamic (ベイヤーダイナミック)
DT990PRO
開放型ヘッドホン

Amazonではこのヘッドホンがなんと2万円くらいするのですが、
正規代理店となったサウンドハウスさんではなんと税込で
1万5千円弱!!!!

Amazonより5千円も安いんです♪ (もともとSHの方が安かったけど、これを機にさらにって感じです。)

Amazonbeyerdynamic ダイナミックオープン型オーバーヘッドホン DT 990 PRO 【並行輸入品】

サウンドハウスbeyerdynamic (ベイヤーダイナミック) DT990PRO



Ninjaさん

DTMerが登録するべきおすすめ投稿サイト・アプリ

DTMerというのは当たり前ながら呼吸をするように曲を作ります(言い過ぎました)。

また、一口にDTMerと言ってもオリジナルを専門にする方や、カバー音源専門だったり、そもそもDAWのアンシュミでギターを練習したいだけなんて人などそのスタイルは様々です。

しかしながら大体の場合共通するのは、作った曲や音源は誰かに聞いて欲しかったり、世の中に広まって欲しかったりしてほしいってことです。

そんな時に利用すると良いかもよ?っていう個人的におすすめなサイトを個人的な見解とともにさくっと紹介していこうかなと思います。


おすすめ投稿サイト

  • SoundCroud
    SoundCloudサウンドクラウド)はアマチュアからプロのアーティストまで幅広いユーザーが利用している音楽投稿サービスです。純粋な音楽投稿サイトとしては最も有名なサイトだと思います。ただし、JASRACと契約していないのでカバー音源等を上げることは基本できません。個人的な圧倒的メリットとしてはTwitter公式クライアント上で音楽が再生できると言う点です。Twitterから外部サイトに飛ばずに再生できるので、フォロワーに聴いてもらいやすいです。

    soundcloud.com


  • クレオフーガ
    一言で言うなら日本版 SoundCloud 。こちらも最近利用者は増えているように見られます。 また SoundCloudとは違い、アップする音源数は今の所無制限だったり、JASRAC管理楽曲のカバー音源がアップできます。カバー曲を作る方ならこちらの方がオススメかと思います。

    creofuga.net


  • Youtube
    超有名動画投稿サイト。JASRACとも契約を結んでいます。ただしアップするには多少なりとも動画編集が必要だったりします。(最低画像と音声をくっつけるくらいの)
    音楽を嗜んでいる人以外も多く利用しているので、他人に聞いてもらう点ではオススメです。

    www.youtube.com


  • ピアプロ
    ボカロP御用達投稿サイト。アマチュアからプロの方まで利用者がいます。
    一見ボカロ民以外関係なさそうですが、inst.音源等がDLできる曲がちょくちょくあるので参考用に利用するのもありだと思います。
    piapro.jp


  • nana
    スマホで利用する音楽投稿サイト。他人の演奏した音源に自分の歌や楽器演奏をコラボできる音楽のSNSアプリです。
    また、そのアプリの特性上、オリジナルを投稿している人もいますが、アマチュア歌い手もといカラオケ感覚で利用する方が多いので、どちらかと言うとカバー音源が盛り上がっています(もちろんJASRAC契約サービス)。作った伴奏をweb上からアップできるようになってからDTMerが増えつつあるので、コミュニティ機能から交流してみるのもありかもしれません。

    nana ~歌でつながるコラボSNS~

    nana ~歌でつながるコラボSNS~

    • nana music Inc.
    • ミュージック
    • 無料


  • AudioStock
    少し腕に自身のある方は、音源販売にも挑戦して見ましょう。
    ここではBGMや効果音などのライセンスを販売することができます。そのため販売価格は少し高めです(BGMなら一曲¥2,000)。しかし、買ってくれる人がいると結構自信になったりしますし、とりあえず嬉しくなれる。とりあえず、楽曲の販売審査に出してみるのもありかと思います。

    audiostock.jp


  • Twitter
    最後に、これです。動画を120秒までアップできます。
    ただしJASRACと契約してないのでカバー曲は基本的にダメです。
    また、他のDTMerと繋がりやすいです。「#DTMerと繋がりたい」とかで検索すると大量のDTMerが見つかります。
    twitter.com


まとめ

基本的に紹介したサイトはすべて無料で使うことができるので、とりあえず登録してみては如何でしょうか。

もし聴いてくれる人がいるとモチベーションにもつながったりします。

うまく活用していきましょう。

【Swift】円周率を当てる簡単なゲームを作ってみた。

概要

swiftの練習も兼ねて、簡単な円周率当てアプリを作成していきます。 ソースコード及び記事は随時更新していこうかなと思います。 ソースコードこちらにありますので参考になれば幸いです。

経緯

Swiftの本に載ってる様なサンプルアプリにはなさそうで、かつ簡単なものを作って見たかった。

作業内容

※ 僕の読んだSwift入門書に書かれてあることは省いて困ったところとか困っているところとか追加で調べたところとかを書いて行きます。

UIScrollView

円周率を入力していくとなると、テキストラベルの大きさでは足りなくなってくるという問題が出てきました。そうなると考えられるのは画面のスクロールです。 ただしこのUIScrollView、レイアウト設定が少しめんどくさかったです。(しかもこれをちゃんとしないとスクロールしてくれません...)

ここで行いたいことは、UIScrollView に Label を追加して、Label が一定以上の縦幅の時にスクロールできる様になるものを作ることです。

ネットで調べたところ、UIScrollView に View を入れて Label を追加していく方法が多く取り上げられていたのですが、僕は UIScrollView と Label だけでなんとかなりました。 以下その際の設定を簡単に説明します。

はじめにUIScrollViewを持ってきてその中にLabelも追加しておく。 私はUIScrollViewのてっぺんに持ってきました。 Labelの設定で重要なのは Lines を 0 にしておくこと。 44.png

これは UIScrollView の View に対する設定(ScrollViewにカーソル合わせてControlキー押したままViewにドラッグで出てきます) 001.png

これは Label の UIScrollView に対する設定 002.png

あとは ViewController.swift 内の viewDidLoad()関数の中にこれを追加してあげる

 scrollView.contentLayoutGuide.bottomAnchor.constraint(equalTo: Label.bottomAnchor).isActive = true

こうすることでひとまずスクロールが機能するものができました。

円周率の数値の保存

円周率の数値をどうやって持ってくるか、ということも少し悩みました。 当初は10桁くらいでテストしていたので、ViewController.swift 内で配列を作って入れていましたが、スクロールのテストの際にとても多くの桁数が必要となったために変える必要がありました。(見にくくなるから)

第一案として、.csvを使う方法が挙げられました。 csvファイル自体はただのテキストファイルなので簡単に作成できましたが、csvファイルから読み込むコードがうまく書けなかったため、諦めました。

第二案(結局いまはこっち)は別の.swiftファイルで配列宣言しちゃう感じです。 makePiClass.swift というファイルを新たにつくり、

class makePi{
    let pi = [1,4,・・・・・・・・]
}

みたいな感じで新たなクラスを作りました。そして、ViewController.swift で

let pi01 = makePi().pi 

としてやると pi01 に円周率配列を入れることができます。 ひとまずこの問題は解決したのでこのままで作業を進めています。

現在の課題

テンキーの配置、AutoLayoutがうまくできない。

Xcode

Xcode

  • Apple
  • 開発ツール
  • 無料

【FCPX】PIXEL FILM STUDIOS 35%OFF セール 終了間近!!!

動画編集に Final Cut Pro を使用している方なら一度は目にしたことがあろう 「PIXEL FILM STUIO」が現在 35%OFF セールを開催しています。

Final Cut Pro (以下FCPX) は MacOS の PCを使用している方なら聞いたことがあるかもしれませんが、簡単にいうと iMovie の上位互換です。
(Logic Pro は GarageBand の上位互換ですね。そんな感じです。)
iMovie よりも凝った動画編集が可能となっています。 また買いきりなので、個人で使うぶんにはAdobe製品よりもオススメだと思っています。

Final Cut Pro

Final Cut Pro


さて、このFCPXでは標準でも様々なプラグインが使用できるのですが、もちろん LogicPro や他の DAWソフトのようにプラグインを追加することが可能です。
そのプラグインを販売している会社の一つが「PIXEL FILM STUDIOS」です。
現在35%OFFセールが行われているようなので、ひとまず購入の仕方を参考程度に説明しておきます。



まずは PIXEL FILM STUDIOSにアクセス。

画面右上の人マークをクリックするとアカウント作成またはログインページが表示されます。 f:id:Kanoe:20181108215723p:plain


アカウント持っていない方は右側の Register と書いてある場所に必要事項を記入していきます。 f:id:Kanoe:20181108215936p:plain


さて、欲しい商品を ADD TO CART したら、購入手続きです。
カート(というかバッグ)のところにマウスを持っていくとこんな感じに表示されると思います。 購入する商品が決まったら PROCEED TO CHECKOUT をクリック! f:id:Kanoe:20181108220421p:plain


購入画面ではこんな感じに勝手にクーポンが適応されます。
この後はクレジットカード払いか、PayPalでの支払いを選択して PROCEED TO 〇〇 をクリックします。 f:id:Kanoe:20181108220613p:plain


PayPalでの支払い時には、一度PayPalのログイン画面が表示されて、支払い方法等を選択します。
その後もう一度、PIXEL FILM STUDIOS の購入画面に戻り PLACE ORDER をクリックして注文が完了します。


注文が完了すると、登録したメールアドレスにダウンロードリンクが記載されたメールが届きます。(私の場合は数分以内には届きました)


以上が注文の流れです。

この記事作成時点で後19時間弱で終了みたいなのでお早目に。

音楽制作コミュニケーションツール Co-Writing Studio (コライティングスタジオ) がリリースされました!

CREOFUGA や AudioStock のサービスを運営する株式会社クレオフーガより新しい音楽サービス「Co-Writing Studio」を本日(2018/11/8)よりリリースされました。 f:id:Kanoe:20181108161725p:plain

PC版:https://cowritingstudio.com/
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/co-writing-studio/id1439900178?mt=8




新規ユーザー登録からプロジェクトの作成、実際の使用感に関しては以下の記事が参考になります。




ちなみに以上のサイトでは紹介されていませんが、個人的に試して見たところグループ画像に GIF形式の画像が使用できました。 音楽とは全く関係ないですが、GIF画像が好きなのでちょっとありがたいです。


また、創業者の西尾さんが「Co-Writing Studioサポートグループ」という名前の誰でも入れるグループを作成されています。
ここではユーザー同士の交流や使い方の質問等を受け付けているみたいなので、是非参加してみてください。


コライトすることがあるかはわかりませんが、もしすることがあるなら便利そうなので是非使いたいです。


PC版:https://cowritingstudio.com/
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/co-writing-studio/id1439900178?mt=8

Logic Pro で突然レイテンシがやばくなった...

たまにDAWを開いたままスリープモードになりしばらく放置した後に再びPCをスリープ解除すると立ち上げたままのプロジェクトのマイク入力のレイテンシがやばくなることはよくありました。

しかし、こう言った場合は一回プロジェクトを保存して再度立ち上げればだいたい直ります。

しかし今回はなんとMIDI入力までレイテンシがひどくなりました。

いつも通り一旦閉じて再度立ち上げてみるも...

なおらねぇ...



I/O バッファ値を変えてみるも効果なし
サンプリングレートも今までと変わってない44.1kHz

エフェクトを全て切ったり、MIDIコントローラーやオーディオインターフェースをつなぎ直してみても効果なし

しかし別のプロジェクトではそう言った不調は見られない

意味わかんねぇ!



今回は諦めて問題のあるプロジェクトを開いたまま、別のプロジェクトを開いてトラックをコピーすることでなんとかなりました。

この方法だと、音源やエフェクトの設定は再びやり直さないといけないのでめんどくさかった...

原因が本当にわからないけど、こう言ったことが起こらないように極力スリープにしないようにしよう。

Logic Pro X

Logic Pro X

  • Apple
  • ミュージック
  • ¥23,800

もうすぐ黒金ですね

もうすぐDTMerの待ちに待った黒金がやってきます。

個人的には、Wavesの無料キャンペーンが気になります(笑)

今年はどんな商品が特価になって飛び出してくるのか楽しみです。

予算はそんなにないけど。

サウンドハウス